瞳の美しさを維持するために必要なこと!カラコンで美しく保つ為に

瞳の美しさを維持するために必要なこと!カラコンで美しく保つ為に

普段から目を酷使していると黄ばんだり、充血したりする



充血の原因は、外部からの刺激や病気による炎症と、目の酷使による疲れなどが考えられます。

また、テレビやパソコンの画面を長時間見続けると、疲れ目を引き起こし、血管が膨張して、充血します。

カラコンでもドライアイなどの水分の度合いなど、角膜に影響を与えることで、充血になります。

白目は紫外線や目の疲れや加齢などに影響を受けやすい


@ 目が紫外線を強く浴びた角膜が傷ついてしまい、炎症が起こってしまうことがあります。

目にとって、紫外線が有害なのは、光の中でも人間の目は紫外線などの「青色光」に侵されく、青色光はエネルギーが最強で、網膜の組織に入って大量の活性酸素を発生させるからです。


A 目の筋肉が過度に緊張することで目の血流が悪化して、疲れ目を招くことになります。

パソコンなどのディスプレイを長時間見続けると、目の酷使のほか、画面を凝視するため、まばたきの回数が減り、目が乾いた状態となりやすく、さらに目が疲れやすくなります。


B 目も加齢とともに様々に変化します。

水晶体が黄色く堅くなり、硝子体も変性し、縮んでくる(ひどい時には硝子体が液化し、剥離等が起きる)他、 視力、涙液の分泌量も変化します。

加齢にともなう「加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)」などがあり、老化が早まる。

美しい目を手に入れる方法

疲労回復に良い食べ物を取り入れる



「アントシアニン」という物質を含む食物は目にいいとされます。

長時間目を酷使し続けると、再合成が間に合わず、ロドプシンは減少していきます。

アントシアニンには、ロドプシンの再合成を促進し、眼精疲労を回復し、視力を改善する働きがあるとされています。

アントシアニンが豊富に含まれている食品は、ビルベリーやブルーベリーなどのベリー類に多く含まれています。

その他カシス、ブドウ、イチゴ、ナス、赤ジソ、黒豆や黒ゴマなどにも含まれています。


ビタミンも疲労回復に効きます



ビタミンは13種類ありますが、そのうち目に関係深いのがビタミンAとビタミンB群です。

ビタミンAは、目の粘膜、皮膚の健康を保ち夜盲症や視力の低下を防ぎます。

レバー、牛乳、乳製品、人参、ブロッコリー、春菊などに含まれています。

ビタミンAが不足すると、急に暗い場所に入ったとき、目が暗さに慣れるまでに長く時間がかかる夜盲症という症状が現れます。

ビタミンB群は目の粘膜や末梢神経を正常に保ち、ビタミンEは抗酸化作用で神経を保護し、血行を促進して筋肉の疲労回復を促します。

ビタミンB1・B12が多く含む食品として、ボンレスハム・豚肉・椎茸・落花生・うなぎ・ごまなど、ビタミンB2が多く含まれる食品として、豚レバー・卵・椎茸・うなぎ・チーズ、わかめ、海苔など、ビタミンB6が多く含まれている食品として、大豆・牛乳・さけ・さば・まぐろ・玄米などがあります。


瞬きで、目を潤す



目の乾きを感じる原因には、長時間のパソコン作業やテレビ鑑賞などで、まばたきの回数が減っている。

通常のまばたきの回数は1分間で15〜18回ですが、パソコンなどディスプレイを見続けているときのまばたきの回数は7〜12回に減るといわれています。

私たちはパソコン画面、タブレットや携帯画面を見ているときにほとんどまばたきをしていないのです。これが私たちの目に問題引き起こします。

まばたきの回数が少ないということは、まぶたの運動不足です。

まぶたが運動不足になると眼の筋肉も運動不足となり眼は疲れます。

視力を回復するためのトレーニングとは言えないかも知れませんが、 意識的にまばたきを行うことは視力回復の方法として効果があります。


有酸素運動を取り入れると瞳がキレイに保たれる



「長時間イスに座っているだけでも、交感神経が優位になって涙の量が減る」という。

ときどき席を立ち、軽く体を動かすことが大切です。

最新の研究から、1日30分トレッドミルで有酸素運動をさせたネズミは、涙の量が増えることも確認されている。

有酸素運動は非常に効果的なので定期的に行ないましょう。

ウォーキングや腹式呼吸などを、長い時間一定のペースでゆっくりと続けることが大切です。


目を温める




目を温めると、血行が良くなって疲労物質を排除し、栄養供給が良くなり眼の疲労を取ることができます。

ドライアイの原因として涙の成分に油分が不足していることがあります。

油成分が不足すると涙が乾きやすくなり、ドライアイを引き起こしてしまいます。

むしタオルやアイマスクなどで目の周囲を温めると、血液の循環が良くなって油分の分泌が活発となり、目の潤いを保ちやすくなります。


カラダ全体の血行促進も大切




お風呂に入ると全身の血行がよくなるために大変効果的です。

目の疲れを取る上で血行を良くしていくというのは非常に効果的な方法になります。

血行を良くすることができれば、それにともなって、目の疲れだけではなく全身の疲労回復にもつなげていくことができると言える。

ホットアイマスクと同じ理屈で目を温め血行改善して疲労物質を排出する方法です。

自律神経の乱れも疲れ目にはよくありませんので、半身浴で心身ともにリラックスしましょう。