クリアコンとカラコンの目の負担が違う酸素透過率は?

クリアコンタクトとカラーコンタクトの目の負担が違う酸素透過率は?

 

酸素透過率のサークルレンズ(カラコン)と、酸素透過率の普通のクリアコンタクトレンズではどちらのほうが目への負担が少ないのでしょうか?

どちらも眼科で取り扱われているワンデータイプのコンタクトレンズです。

一般的には酸素透過率の高いもののほうが目への負担は軽いと思うのですが・・・

サークルレンズと比較した場合はどうなるの?

酸素透過性と酸素透過率で目の負担がわかります!

酸素透過性と酸素透過率はこういう関係になっています。



「酸素透過性÷レンズの厚み=酸素透過率」

つまりは、同じ酸素透過性でも、レンズが薄いほどに酸素透過率は上がるということです。


例えば、

ワンデーアキュビューモイストの酸素透過性は28Dk値となっています。



そして、レンズの厚みが0.084ミリ。

なので酸素透過率は

28Dk値÷0.084ミリ=33.3Dk/t値になります。

Dk/t値となっていますが、

このtというのがレンズの厚みです。

単位はセンチになっているみたいですね。

tのほかにLが使われたりもします。

Dk/T値という感じです。



ネオサイトワンデーというコンタクトレンズがあります。



このコンタクトレンズの酸素透過係数は、9.5Dk値とあんまり高くないのですが、レンズがとても薄いんです。

レンズの薄さは0.045ミリになっています。

ということは酸素透過率はというと、

9.5Dk値÷0.045ミリ=21.1Dk/t値となります。


酸素透過率が低いわりには、酸素透過率はそこそこの数字になっています。



ワンデーアキュビューモイスト

酸素透過性28Dk値!

酸素透過率が33.3Dk/t値

対して、

ネオサイトワンデー

酸素透過性が9.5Dk値!

酸素透過率が21.1Dk/t値

になっています。



コンタクトレンズがどれくらい酸素を通しやすいんだろうということを知りたいときには酸素透過「率」の方で比較することをオススメします。